メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

平松 洋子・評『芙蓉の干城』松井今朝子・著

昭和八年、歌舞伎の背景に人間の情念を探るミステリー

◆『芙蓉(ふよう)の干城(たて)』松井今朝子・著(集英社/税別1650円)

 チョン、と柝(き)の音。

 テン、テン、と太鼓の響き。

 歌舞伎の世界へ招き入れられるなり、めくるめくミステリアスな展開。幕が下りる最後の一行まで目が離せない。

 舞台は昭和八年の東京。折しも日本は国際連盟を脱退、「非常時」の掛け声が高まり、世情はキナ臭い。二月、作家小林多喜二が獄中死。同月、ダミアのシャンソン「暗い日曜日」が厭世(えんせい)的な気分を助長するとされ、発売禁止。三月、三陸沖地震。世界に目を転じれば七月、ドイツでナチス一党独裁が成立。八月、東京で「東京音頭」が大流行したのはカラ騒ぎだったか。そしてミステリーの舞台、歌舞伎の殿堂・木挽(こびき)座には、今日も万雷の拍手が鳴り響く。

 千穐楽(せんしゅうらく)当日、歌舞伎界に君臨する六代目荻野沢之丞が至芸を披露するさなか、事件は起こ…

この記事は有料記事です。

残り1150文字(全文1559文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 直前「胸騒ぎ」で井戸 命つなぐ 神戸の92歳、二つの大地震の経験生かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです