メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

ドイツ南部に「ソーセージ・ホテル」、枕や石けんもソーセージの形

 1月27日、ドイツ南部バイエルン州で、ソーセージの「ブラートブルスト」をテーマにしたホテルが昨年秋に開業した(2019年 ロイター/Michael Dalder)

 [RITTERSBACH(ドイツ) 27日 ロイター] - ドイツ南部バイエルン州で、食肉業を営む男性がソーセージの「ブラートブルスト」をテーマにしたホテルを開業した。

     客室は、壁紙にソーセージが描かれ、ベッドにはソーセージの形をした枕が置かれ、バスルームの石けんもソーセージの形をしている。階下にあるレストランでは、ソーセージを使った多くの料理が楽しめる。

     ホテルはニュルンベルクから約40キロ南にある。部屋数は7室で、1泊の宿泊料金はシングルルームが78ユーロ(約9730円)から、ダブルルームは98ユーロ。宿泊代に含まれる朝食は、当然ながらソーセージも提供される。ホテルは昨年秋にオープンし、予約は好調だという。

     ホテルではソーセージやハムなども販売されているほか、料理教室に参加することもできる。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断
    2. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
    3. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定
    4. 民放ラジオ縮小へ ワイドFM統合前提 民放連が要請方針
    5. 「不安乗り越えられた」宮原、手応えの6位

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです