メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

スペイン著名シェフがエル・ブリ再開へ、料理提供せず研究の場に

 1月28日、スペインの有名シェフ、フェラン・アドリアさん(写真)が、予約のとれない店としてエル・ブリを再開する。ただしレストランではなく、料理は提供せず、プロのシェフが革新的料理を研究するラボとして運営するほか、予約制の博物館も併設する。マドリードの食の祭典「マドリード・フュージョン」で撮影(2019年 ロイター/Sergio Perez)

 [マドリード 28日 ロイター] - スペインの有名シェフ、フェラン・アドリアさん(56)が、予約のとれない店としてエル・ブリを再開する。ただしレストランではなく、料理は提供せず、プロのシェフが革新的料理を研究するラボとして運営するほか、予約制の博物館も併設する。

     ミシュランで三ツ星を獲得、世界のベストレストラン50も4年連続で1位を獲得したエル・ブリ。今後は「エル・ブリ1846」として、「レストランでの美食と関連する全ての質の高い知見を創り出すことが使命」とアドリアさんは説明。1846という数字は、フランス料理の発展に貢献したオーギュスト・エスコフィエの生まれた年にちなんでと付けたという。

     カタルーニャ地方の入り江にあったエル・ブリは、絶大な人気にもかかわらず損失がさみ2011年に閉店した。今回は約1000万ユーロ(約12億4880万円)を投資し、同じ入り江に2020年2月にオープンする予定だ。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
    2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
    3. 広陵が2回戦進出 河野が3安打完封で八戸学院光星降す
    4. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
    5. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです