メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

大坂、世界1位在位どこまで伸ばす?現役で300週超えは3人(スポニチ)

 現行制度となった75年以降、世界ランク1位になったのは大坂で26人目。在位期間の歴代トップは、女子テニス界のレジェンドで4大大会通算22回優勝のシュテフィ・グラフ(西ドイツ)の計377週。4大大会通算18勝のマルチナ・ナブラチロワ(チェコスロバキア)が計332週で続いている。1位の在位期間が計300週を超えているのは現役のセリーナ・ウィリアムズ(米国)を加えた3人のみ。

     一方で大坂と同じく4大大会で初優勝から2連勝したジェニファー・カプリアティ(米国)は計17週の短期にとどまった。70年代に活躍したイボンヌ・グーラゴング(オーストラリア)は計2週となっている。(スポニチ)

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
    2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
    3. 強制不妊救済法が成立 「心からおわび」320万円支給 月内に施行へ
    4. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者
    5. 都構想再び堺が浮上 将来的に再編意向

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです