メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成のむすびに

東北から/10止 負けない戦い、続ける しなやかな東北が好き 福島県立博物館館長・赤坂憲雄さん

 民俗学者で福島県立博物館長の赤坂憲雄さん(65)が「東北学」確立のため、各地を聞き書きして歩いた足跡は、平成とほぼ重なる。東日本大震災と東京電力福島第1原発事故を経て、愛する東北の可能性を語ってもらった。

 東北は稲作中心で語られてきましたが、違和感を覚えるようになりました。もっと重層的な歴史や文化が見えるのではないかと。

 --そんな予感を抱きながら東北を歩き、雑誌に柳田国男論の連載を始めたのは平成が幕を開けた1989年…

この記事は有料記事です。

残り1292文字(全文1504文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 札幌大谷が甲子園初勝利 米子東を1点に抑える
  3. 白鵬が全勝優勝 最多更新の42回目 横綱対決制す
  4. 前夕張市長の鈴木氏が先行、元衆院議員の石川氏が追う 北海道知事選・毎日新聞電話調査
  5. 囲碁・将棋スペシャル 将棋 C級1組 泉八段 順位戦最後の将棋 「これからは見る側に」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです