メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高橋一生

「うそついてばっかり」と告白 その理由は…

映画「九月の恋と出会うまで」の会見に登場した高橋一生さん

 俳優の高橋一生さんと女優の川口春奈さんが30日、乃木神社(東京都港区)で行われたダブル主演を務める映画「九月の恋と出会うまで」(山本透監督、3月1日公開)の会見に登場。映画の内容にちなんで「これまでに大切な人についたうそ」を聞かれた高橋さんは「うそ、ついてばっかりですよ」と告白し、具体的には、「日常的なことです。『嫌だなと思うことも嫌だと言わない』とか。うそはすごく大事なことでもあるなと思っていますね」と自身の考えを明かした。

 高橋さんと川口さんは今作が初共演。高橋さんは川口さんの印象を聞かれ、「すごいチャーミングな方だなと思いました。あと、コミカルです。僕が勝手に抱いてしまっていた川口春奈さんの像が、いい意味で毎日撮影でご一緒する度に崩れていった感じですね。とってもすてきな方だなと思いました」と語った。川口さんは高橋さんについて「とにかく優しい。『これってどういう意味なんですかね?』と聞くと、教えてくれたり、話してくれたり、優しいお兄さんで。いつも相手にしてもらっています」と明かしていた。

 会見では、高橋さんが「出会った人達が一人でも多く笑っていますように」、川口さんが「縁」と書いた映画オリジナルの巨大絵馬がお披露目された。「縁」と書いた理由について、川口さんは「改めて出会いというものを大切にしていきたい」と説明していた。

 映画は「書店員が選んだもう一度読みたい恋愛小説」の第1位に選ばれた松尾由美さんの同名小説が原作のラブストーリー。ちょっと不思議なマンションに引っ越してきた北村志織(川口さん)は、小説家志望の隣人・平野進(高橋さん)と運命的に出会う。ある日、志織は新しい部屋で「こちらは1年後の未来です。あなたに危険が迫っています」という不思議な声を聞く。それは強盗殺人に遭うところだった志織を助けようと時空を超えて届いた、未来からの“誰かの声”。相談を受けた平野は、助かった志織に「タイムパラドクス」が生じることに気付く。それは1年後、志織の存在が消えることを意味していた。必死に自分を助けようとする平野に引かれていく志織だったが、平野との別れは近づいていた……というストーリー。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 盛岡の40代同性カップルがフォトウエディング 企画の団体「地方まだ理解進んでいない」
  2. 青森市議、今度は盗聴疑い 議員控室内をスマホで録音
  3. 事故 バイク3台転倒、男女6人死亡2人重傷 奈良の国道
  4. 特別支援学校の34歳教諭逮捕 小学生男児に強制性交容疑
  5. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです