メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

「トランプの再選助けるな」、米大統領選出馬検討のシュルツ氏にやじ

 1月28日、スターバックスの創業者でもあるハワード・シュルツ前会長(写真)が米大統領選出馬の可能性に言及した翌日、トランプ大統領の再選を助けるなとやじを飛ばされる出来事があった。写真は2016年12月、ニューヨークで撮影(2019年 ロイター/Andrew Kelly)

 [28日 ロイター] - 米コーヒーチェーン大手スターバックス(スタバ)の創業者でもあるハワード・シュルツ前会長が2020年の米大統領選出馬の可能性に言及した翌日、ニューヨーク市で行われた同氏の書籍プロモーションイベントで、トランプ大統領の再選を助けるなとやじを飛ばされる出来事があった。

     シュルツ氏は、27日に放映されたCBSの番組「60 minutes」でインタビューに応じ、次期大統領選に中道派無所属で出馬することを真剣に考えていると発言。民主党関係者は、シュルツ氏が出馬すれば民主党指名候補の票が食われるとして速やかに再考を求めた。

     イベントでは見物客の1人が「トランプの再選を助けるな、この思い上がりの金持ちのろくでなし。ほかの金持ちエリートと一緒にダボスに帰れ」などと叫び、警備員らに退出させられた。

     シュルツ氏は壇上で行われたインタビューで、世論調査の結果自身の出馬がトランプ氏再選を助けることになると判明したら立候補を断念するかと質問され、「無所属で出馬すると決めるとすれば、勇気と確信をもって勝利を信じていくだろう」と語った。

     一方、「トランプ氏をホワイトハウスに戻すようなことは一切しない」と言明した。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
    2. 運転手足りない 見直し相次ぐ路線バス 沿線住民からは不安の声
    3. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉
    4. 実りの春 石岡一センバツ初出場 第3部・支える人/中 女子マネジャー3人 /茨城
    5. 東京でもサクラ開花 昨年より4日遅く

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです