メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー日本代表

トドメの元気弾!W杯ベルギー戦の反省糧にして終盤猛ダッシュ(スポニチ)

アジア杯準決勝 日本3-0イラン(2019年1月28日 UAE・アルアイン)

 2-0から追加した、原口の3点目。この1点に、ベスト8を前に敗れたW杯ロシア大会ベルギー戦からの成長が詰まっていた。「あまり攻撃に関われていなかったので、最後1本くらいはリスクを冒して、と思ったらうまくいった」。後半アディショナルタイム、原口は南野からパスを受けると、迷いなく直進した。試合終盤とは思えないスプリントから、利き足とは逆の左足でイランのゴールにとどめをさした。

     7カ月前のベルギー戦は、2-0から追いつかれた。リードしてからの試合運びに迷いがあり、最後のCKから速攻を食らい、逆転負けを喫した。だが、この日は2-0となっても前線からプレスをかけ、前がかりに攻め続けた。守りに入らなかった。原口は「時間がたつにつれて自分たちにどんどん余裕ができていって逆に向こうがどんどん追い込まれていった。心理的に上に立てていたので、全て上回れた」と振り返る。ロストフの悲劇を教訓に、日本代表が前進した証だった。

     【データ】アジア杯準決勝イラン戦は日本代表の国際Aマッチ通算700試合目。1923年の第1戦からの区切り試合を見ると4勝2分け2敗。500試合以降は3連勝。通算成績は334勝150分け216敗(PK戦は引き分け扱い)。(スポニチ)

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
    2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
    3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
    4. 韓国警察、「JYJ」ユチョン氏の逮捕状請求へ 麻薬使用容疑で
    5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです