メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自動車世界販売台数

日産連合、問われる新戦略 世界販売2位 拡大の裏、ほころび

 2018年の自動車大手の世界販売台数は、日産自動車と仏ルノー、三菱自動車の3社連合が2年連続で2位となり、首位の独フォルクスワーゲン(VW)に肉薄した。カルロス・ゴーン被告の強力なリーダーシップのもとで規模拡大を追求してきた結果だが、電動化や自動化など自動車業界が大きな変革期にある中で、「ゴーン後」の3社連合の戦略はいまだ見えない。

 3社連合は30日、18年の販売台数が前年比1・4%増の1075万台だったと発表した。中国や欧州、南…

この記事は有料記事です。

残り1220文字(全文1439文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです