メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第68回別府大分毎日マラソン

「五輪へ一歩」は誰か 3日号砲

ニューイヤー駅伝でフィニッシュテープを切る大六野。初マラソンでMGC出場権獲得を目指す=前橋市で2019年1月1日、宮間俊樹撮影

 <BEPPU-OITA MAINICHI MARATHON>

 2020年東京五輪の代表選考会につながる「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」シリーズ男子の第68回別府大分毎日マラソンが3日、開かれる。並々ならぬ思いで出場するのが、実業団の旭化成(宮崎)勢だ。今年の全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)で3連覇を達成したが、マラソンでは誰もMGC出場権を得ていない。昨年の日本選手権1万メートル覇者の大六野秀畝(26)を筆頭に4人の精鋭が「マラソンの名門」の面目躍如を目指す。【生野貴紀】

この記事は有料記事です。

残り4881文字(全文5132文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  4. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  5. 夫「大切な2人失ってつらい」 池袋暴走、母娘の告別式

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです