メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外夫婦別姓訴訟、サイボウズ社長の賠償請求棄却 東京地裁
サムライマラソン

佐藤健、森山未來、小松菜奈らが一斉にスタート! 映画本編映像が公開

映画「サムライマラソン」の一場面(C)“SAMURAI MARATHON 1855”FILM Partners GAGA.NE.JP/SAMURAIMARATHON

 俳優の佐藤健さんが主演する映画「サムライマラソン」(バーナード・ローズ監督、22日公開)の本編映像が1日、公開された。映画は日本マラソンの発祥といわれる史実「安政遠足(あんせいとおあし)」を描いた作品で、映像には佐藤健さん演じる唐沢甚内(じんない)ら藩士たちが、合図を受けて一斉に駆け出す、遠足のスタートシーンなどが収められている。

 映画は、「安政遠足」を舞台にした土橋章宏さんの小説「幕末まらそん侍」(ハルキ文庫)が原作。物語は幕末が舞台で、迫る外国の脅威に備え、安中藩主の板倉勝明(長谷川博己さん)は藩士を鍛えるため、15里(約58キロ)の山道を走る遠足を開催する。しかし、この動きが幕府への反逆とみなされ、藩士不在の城に安中藩とり潰しを狙う刺客が送り込まれる。その危機を、ただ一人知った男は、計画を食い止めるため、走り出す……というストーリー。佐藤さん演じる甚内は、普段は平凡な侍だが、実は幕府のスパイとして藩に潜入している忍びで、遠足に参加している時に、藩に迫る危機をいち早く察知するという役どころ。

 映像には神妙な面持ちで走り出す甚内の姿や、小松菜奈さん演じる勝明の娘・雪姫が男装して参加する様子などが映し出されている。また、雪姫との結婚のために優勝を目指す傲慢な侍・辻村平九郎(森山未來さん)、「1着にならなければ金を渡す」と八百長を持ちかけられ葛藤する俊足の足軽・上杉広之進(染谷将太さん)、甚内の上司の植木義邦(青木崇高さん)らの姿も登場する。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 「新潮45」問題を考える 「ヘイトの意味 勘違いしていませんか?」 ジャーナリスト・安田浩一さん
  3. 出所不明の香港の「シラスウナギ」 日本に6トン
  4. ORICON NEWS タモリ、平成最後のフジ生特番で総合司会 新元号の瞬間も立ち会う
  5. 桜田五輪担当相「震災時に東北道動いていた」発言を撤回 参院予算委

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです