メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野村萬斎

ぐうたら社員の次は悪役スナイパー希望 及川光博、香川照之から別の提案も

映画「七つの会議」の初日舞台あいさつに登場した野村萬斎さん

 狂言師の野村萬斎さんが1日、東京都内で開かれた主演映画「七つの会議」(福澤克雄監督)の初日舞台あいさつに登場。今作で主人公のぐうたら社員を演じた萬斎さんは、次に演じたい役を聞かれると「悪役めいたスナイパーをやってほしいというリクエストをいただいたりする。せりふが少なそうですが……。現代の忍びという感じですかね」と回答。同じくイベントに登場した共演の及川光博さんは「カッコ良すぎて意外性がない。宇宙人とかどうでしょう?」と別のキャラを提案されていた。

 すると香川照之さんは「弱いフェンシング部を立て直す選手はどうでしょう。どたばたコメディーで」とこちらも変わり種の役柄を提案。萬斎さんは「女子が多いほうがいい」と希望したが、香川さんは「女子はいません。多分、暑苦しい監督がいるんでしょうね」と笑って答えていた。

 福澤監督は、萬斎さんの起用理由について「今回は、圧倒的な“主役臭”がする人が必要だった。(ぐうたらなので)寝ているけれど何か“主役臭”がする役者が……」と説明。萬斎さんはちゃめっ気たっぷりに自分の腕をかぐ仕草を見せていた。舞台あいさつには、片岡愛之助さん、朝倉あきさん、吉田羊さん、北大路欣也さんも出席した。

 映画は、池井戸潤さんの小説が原作。中堅メーカー「東京建電」の万年係長の八角民夫(野村さん)は、課長でトップセールスマンの坂戸(片岡愛之助さん)に叱責されてもどこ吹く風のぐうたら社員だった。ある日、坂戸にパワハラのため異動という厳しい処分が下されるが、訴えたのは八角だった……という展開。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. イチロー、華麗な守備は健在
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  5. クックパッドニュース 本当にむね肉!?しっとりジューシーな「蒸し鶏」がフライパンで簡単にできた!

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです