メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インフルエンザ患者数、過去最多に A型2種類の流行重なる

インフルエンザの新規患者数

 厚生労働省は1日、全国約5000の定点医療機関から報告されたインフルエンザの患者数が、1月21~27日の1週間で1医療機関当たり57・09人になったと発表した。前週の53・91人より増え、今の形で統計が始まった1999年度以降で最多となった。この1週間の受診患者数は推計223万人。今年に入って2種類のA型ウイルスの流行が重なっており、患者数を押し上げたとみられる。

 国立感染症研究所によると、今冬は2009年に新型として流行後に定着したA型の「H1N1」がまず流行…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. USJ入場料、10連休中「過去最高額」に 混雑緩和なるか?
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 内村航平が予選落ち 体操全日本選手権
  4. USJ年間パス、帰省費を補助…保育士不足に大阪市が奇策
  5. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです