メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インフルエンザ

感染初期に検出 高感度の診断法開発 東大など発表

 インフルエンザウイルスを従来の1万倍の高感度で検出できる診断法を開発したと、東京大などのチームが英科学誌電子版に発表した。感染初期からウイルスの検出が可能といい、重症化の防止が期待できる。チームは「発症直後から治療すれば体から出るウイルスが減らせるため、流行拡大も抑えられる」とし、数年後の実用化を目指している。

 従来の検査法は、ウイルスが一定量以上必要で、発熱などの症状が出てから半日以上たたないと確認できない…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです