メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

しおざわ雪譜まつり

地元名士の歌舞伎披露 南魚沼で16日 鈴木牧之しのび文化伝承 /新潟

 江戸時代後期、「北越雪譜」を記した南魚沼市生まれの鈴木牧之(1770~1827年)をしのび、雪国文化を伝承する「しおざわ雪譜まつり」が16日、同市内で開かれる。35回目となる今回は、「地元名士歌舞伎」を披露する予定で、関係者たちが稽古(けいこ)に励んでいる。【板鼻幸雄】

〓南魚沼は古くから歌舞伎熱が強かった土地柄。今後も歌舞伎文化を継承していこうと、しおざわ雪譜まつり実行委員会(中島成夫委員長)が準備を進めている。演じるのは地元政財界や地区の重鎮ら。中島委員長が一人一人説得してまわり、出演の了解を得た。

 林茂男市長もこうして決まった演者の一人だ。林市長は「役者経験は全くないので、清水の舞台から飛び降り…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  2. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  3. 「呪」「死ね」 警察幹部の報道用写真に加工 岐阜県警警部補を懲戒処分
  4. 交通安全教室でスタントマンの男性死亡 事故再現で 京都
  5. 東京・池袋衝突事故 重体の女性と女児が死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです