メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

救急車出動

119番→病院収容43分 全国ワースト6位 17年 /新潟

 県消防課は2017年の救急車の出動状況をまとめた。119番などを受けてから傷病者を医療機関に収容するまでにかかった時間は平均43・6分で、前年より0・6分短縮。しかし全国平均(39・3分)との差は4・3分と依然として大きく、都道府県別ではワースト6位だった。

 同課によると、県内の消防本部が保有する救急車は昨年4月1日現在で157台。17年1年間の救急出動件数は10万2241件で前年より2・2%増加。救急搬送した人数は9万2978人で2・4%増加した。65歳以上の高齢者が5万9090人と全体の63・6%を占めた。5・1分に1度の頻度で救急車が出動し、県民の約25人に1人を搬送した計算になると…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  2. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  3. 神戸市交通局「心からおわび」 逮捕の運転手、朝のアルコール検査で異常なく 神戸・バス事故
  4. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故
  5. 官邸・与党「ちぐはぐさ」露呈…補選2敗 安倍政権、影響抑えに躍起

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです