メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

デビス杯 本戦進出決定戦 日本、本戦進出 通算3勝2敗

 【広州・共同】男子テニスの国別対抗戦、デビス杯(デ杯)の本戦進出決定戦、日本-中国最終日は2日、広州で行われ、日本は通算3勝2敗とし、11月にマドリードで開催される本戦進出を決めた。前日1勝1敗として迎えたダブルスで敗れ、シングルスで西岡良仁(ミキハウス)、ダニエル太郎(エイブル)が勝った。

 世界ランキング66位の西岡は309位の呉易〓を6-2、6-0で降し、69位のダニエルは262位の李哲を6-3、6-7、6-3で退けた。ダブルスでマクラクラン勉、内山靖崇(北日本物産)組は公茂〓、張択組に7-5、5-7、4-6で逆転負けした。錦織圭(日清食品)はメンバーから外れていた。

 デ杯は昨年までは世界の上位16カ国によるワールドグループの1回戦から決勝までを1年かけて実施したが…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  2. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  3. アクセル決めた!紀平、笑顔のフィニッシュで220点台
  4. ピエール瀧容疑者に薬物譲渡疑い、通訳業の女を逮捕
  5. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです