メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

BOYS AND MEN小林豊

30歳目前も「まだ高校生でいける」? 水野勝、田中俊介、本田剛文の反応は…

名古屋市内で行われたオムニバス映画「ジャンクション29」の舞台あいさつに登場した「BOYS AND MEN」の(左から)水野勝さん、田中俊介さん、小林豊さん、本田剛文さん

 男性10人組ユニット「BOYS AND MEN」(ボイメン)の小林豊さんが3日、109シネマズ名古屋(名古屋市中村区)で開催された、オムニバス映画「ジャンクション29」(ウエダアツシ監督、山田晃久監督、22日公開)の完成披露プレミア上映会の舞台あいさつに同ユニットの水野勝さん、田中俊介さん、本田剛文さんとともに登壇した。劇中で実年齢と同じ29歳の役を演じた小林さんは、3月に30歳の誕生日を迎えるものの「まだ高校生でいけるかな?」とにっこり。水野さんから「いや、無理だろ」と冷静に突っ込まれると、「高校生は無理か、大学生ならいけそうだね」と切り返したが、水野さんら3人はノーリアクションでスルー。そのやりとりに会場は笑いに包まれた。

 また先月、29歳の誕生日を迎えた田中さんが「カルビが(たくさんは)食べられなくなった」と言うと、他のメンバーも「分かるー! 脂っこいのがね」と同調。28歳の水野さんは「ホルモンとかダメ」と話しつつ、「(同ユニットのメンバー)辻本(達規=たつのり=)君は網に載せる牛脂とかも食べるんですけど、見てるだけで胃もたれしますね」と暴露すると客席から悲鳴が起きた。一方、小林さんは「え? 食べない? 僕も(牛脂を)食べる派だったけどね」と客席の反応に驚いた様子。この日最年少、26歳の本田さんも「昔は(揚げ物のたくさん入っている)茶色い弁当にテンションが上がったけど、今は緑が欲しくなってきたかな」と食の好みの変化を明かしていた。

 映画「ジャンクション29」は水野さん、田中さん、小林さん、本田さんがそれぞれ“等身大の29歳”を演じて主演した四つの物語のオムニバスストーリー。水野さんは「結婚の条件」で主演し、結婚はビジネスだと割り切る結婚相談所のカリスマ仲人を演じ、田中さんは「ツチノコの夜」で親のすねをかじりながら映画を作る自主映画監督、本田さんは「バズる」でくだらない動画の投稿を続ける“バズチューバー”を演じた。小林さんは3人に関わる「もう1人の29歳」を演じた。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米子東の選手がベンチ入りせず
  2. 空き家や空き店舗を「学生寮」に 山形市、街の活性化へ
  3. 不正受給 尼崎市、介護施設事業者の指定を取り消し /兵庫
  4. 前夕張市長の鈴木氏が先行、元衆院議員の石川氏が追う 北海道知事選・毎日新聞電話調査
  5. 山梨学院VS札幌第一 強力打線同士で打撃戦か センバツ第3日の見どころ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです