メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外強制不妊救済法が成立
チェック

心繕う、金継ぎ盛況 震災機に形見修理広がる

金継ぎ教室を主宰するナカムラクニオさん(右奥)と参加者たち=東京都杉並区のカフェ「6次元」で2019年1月21日、鈴木美穂撮影

 漆や金粉を用いて、壊れた器を繕う日本の伝統技法「金継(きんつ)ぎ」がブームになっている。書店には初心者向けの教本が平積みされ、材料がひとそろい入った「キット」も並ぶ。全国各地で教室が開かれ、盛況だ。なぜ人々を魅了するのか。【鈴木美穂】

 インターネットで「金継ぎ教室」を検索すると、約500万件がヒットした。東京、名古屋、京都など大都市圏が中心だが、地方都市にも教室があり、全国的な広がりが見てとれる。

 週末の午後、東京都杉並区のブックカフェ「6次元」で開かれている金継ぎ教室を訪ねると、40~50代の…

この記事は有料記事です。

残り888文字(全文1139文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 孫正義氏、ビットコインで145億円損失か
  2. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  3. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  4. ごみ部屋 女性を救出…体埋もれ、両足壊死
  5. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです