メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スピードスケート

W杯 小平37連勝 女子500

 【ハーマル(ノルウェー)共同】スピードスケートのワールドカップ(W杯)第5戦第2日は2日、ノルウェーのハーマルで行われ、女子500メートルは小平奈緒(相沢病院)が37秒25で制した。この種目は2季前から国内外で37連勝、W杯で21連勝。1000メートルと合わせW杯通算26勝となった。1000メートルは1分15秒25で、ブリタニー・ボウ(米国)に0秒46及ばず2位だった。

 女子500メートルで辻麻希(開西病院)は8位。男子500メートルの日本勢は今季初めて表彰台に上がれ…

この記事は有料記事です。

残り912文字(全文1149文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 羽生の後でも乱れず チェン、圧巻の世界最高得点で2連覇
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 大阪市長選告示 新人2人届け出 「大阪都構想」の是非問う
  5. チェン、世界最高得点で2連覇 羽生は2位 世界フィギュア

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです