メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木村拓哉

客席潜入で「マスカレード・ホテル」鑑賞 “生”の感想に興奮

映画「マスカレード・ホテル」の大ヒット御礼舞台あいさつに登場した木村拓哉さん

 俳優の木村拓哉さんが4日、TOHOシネマズ日比谷(東京都千代田区)で開かれた主演映画「マスカレード・ホテル」(鈴木雅之監督)の大ヒット御礼舞台あいさつに登場した。ホテルで潜入捜査をする刑事・新田を演じている木村さんは、舞台あいさつに先立ち、客席に“潜入”して同作を鑑賞。イベント開始後に客席から立ち上がると悲鳴のような歓声が上がり、木村さんは「見終わったばかりの方たちの話が聞こえてきて、こういうところで楽しんでくださっているんだなとか、潜入しない限り体感できなかった」とリアルタイムの感想が聞けたことを興奮気味に話していた。

 木村さん、客席への潜入という企画を聞いた際、「正直、自分の作品を一般の方にまぎれて見るのはどういうことなのかと思った」とは戸惑いを明かしつつ、「皆さんがこういう場所でクスクス笑ったり、ここで自然に拍手が起こるんだとかは経験しないと分からなかったので、感謝しています」と満足そうな表情を浮かべた。

 また、司会から「ばれなかったか?」と聞かれると、「一番苦しかったのはエンドロールが流れて客席に明かりが戻ったとき」と明かし、「『舞台あいさつがあるのでしばらくお待ちください』というアナウンス後、『今だ』という感じで皆さんがお手洗いに……。その方たちにも素性を明かすことができないので」と振り返っていた。

 舞台あいさつには鈴木監督も出席。客席からの質問タイムで「続編は?」と聞かれた木村さんは、後ろを向いて鈴木監督と小声で相談。その後、「『マスカレード・ホテル』『マスカレード・イブ』『マスカレード・ナイト』と作品が三つあって、お話自体は完結していません。今いただいた拍手や質問の内容を東宝さんにぶつけます」と続編への意欲を見せると、大きな拍手が巻き起こっていた。

 映画は、東野圭吾さんの小説「マスカレード」シリーズの第1作が原作。東京都内で3件の連続殺人事件が発生し、警視庁捜査1課のエリート刑事・新田浩介(木村さん)は、事件現場に残された不可解な数字の羅列から、次の犯行がホテル「コルテシア東京」で起きるとにらみ、ホテルマンとして潜入捜査を開始。犯人逮捕が最優先の新田と、客の安全が最優先のホテルマン山岸尚美(長澤まさみさん)が衝突しながらも犯人を捜す……というストーリー。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  2. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断
  3. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  4. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  5. 民放ラジオ縮小へ ワイドFM統合前提 民放連が要請方針

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです