メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

創刊30周年 多様な大学生が取材に奮闘

個性豊かな仲間が集まるキャンパる。写真は昨年12月に行われたキャップ交代式=毎日新聞東京本社で

 今月「創刊」30周年を迎えたキャンパる。今春大学を卒業するとともに、キャンパるを卒業する記者が、キャンパるの魅力を紹介したい。

 1989(平成元)年2月、毎日新聞夕刊(東京本社版)で掲載が始まった。当初は毎週土曜日、その後、金曜日となり現在は毎週火曜日の夕刊に掲載されている。編集部は、毎日新聞の編集委員である編集長と首都圏を中心にいろんな大学に通う約30人の学生記者で構成されている。

 記事のテーマは大学に関することや大学生が関心があること。記者もキャンパるに在籍して以来、大学のバレ…

この記事は有料記事です。

残り870文字(全文1114文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  4. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ
  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです