メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たしなみの文化考

/20 漫画家・細川貂々さんの文楽 こまやかに、人形たちの生気

一人遣い用の人形を手に笑顔を見せる細川貂々さん=大阪市中央区で、望月亮一撮影

 <くらしナビ・カルチャー>

新鮮に響く古い大阪弁 見たままに受け止める

 『ツレがうつになりまして。』などの作品で知られる漫画家の細川貂々(てんてん)さん(49)は、4年前から国立文楽劇場(大阪市中央区)の文楽公演に欠かさず足を運んでいる。宝塚歌劇の大ファンでもあるが、関西ゆかりの伝統芸能の舞台にはひと味違う魅力があるそうだ。

 1月下旬の午後、「初春文楽公演」でにぎわう劇場で落ち合った。まずは「資料展示室」へ。台本にあたる「…

この記事は有料記事です。

残り1636文字(全文1849文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 偶然に導かれ「再会」切手から身元判明の平塚真澄さんの遺骨、遺族へ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 新潟県知事、NGT起用を「保留」9月の国民文化祭契約

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです