メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画興行成績

野村萬斎主演「七つの会議」が初登場首位 「雪の華」は3位、「メリー・ポピンズ」続編は5位発進

映画「七つの会議」のビジュアル (C)2019 映画「七つの会議」製作委員会

 4日に発表された2、3日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、狂言師の野村萬斎さん主演の「七つの会議」(福澤克雄監督)が、初登場で首位を獲得した。土日2日間で約26万人を動員し、興行収入は約3億3400万円を記録。公開初日の1日から3日間の累計では、動員で約35万1000人、興行収入で約4億3400万円を上げる好スタートを切った。

 初登場作品では、ダンス・ボーカルグループ「三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE」の登坂広臣さんと女優の中条あやみさんがダブル主演した映画「雪の華」(橋本光二郎監督)が3位にランクイン。土日2日間で動員は約15万1000人、興行収入は約1億9900万円を記録した。公開初日の1日から3日間の累計では、動員で23万人、興行収入で2億8000万円を突破している。ほかにも、1964年に公開されたディズニー映画「メリー・ポピンズ」の続編「メリー・ポピンズ リターンズ」(ロブ・マーシャル監督)が土日2日間で動員約13万9000人、興行収入約1億8600万円を上げて5位となった。公開初日の1日から3日間の累計では、動員で20万人、興行収入で2億6000万円に達している。

 累計では、今回2位の「マスカレード・ホテル」(鈴木雅之監督)が、動員で207万人、興行収入で26億円を突破。公開13週目で今回6位の「ボヘミアン・ラプソディ」(ブライアン・シンガー監督)は、動員が794万人、興行収入が109億円に達し、国内の歴代興行収入ランキング26位となっている。

 1位 七つの会議

 2位 マスカレード・ホテル

 3位 雪の華

 4位 十二人の死にたい子どもたち

 5位 メリー・ポピンズ リターンズ

 6位 ボヘミアン・ラプソディ

 7位 Fate/stay night[Heaven’s Feel]II. lost butterfly

 8位 映画刀剣乱舞

 9位 シュガー・ラッシュ:オンライン

 10位 ラブライブ!サンシャイン!! The School Idol Movie Over the Rainbow

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 羽生の後でも乱れず チェン、圧巻の世界最高得点で2連覇
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 大阪市長選告示 新人2人届け出 「大阪都構想」の是非問う
  5. チェン、世界最高得点で2連覇 羽生は2位 世界フィギュア

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです