メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

移動都市/モータル・エンジン

日本語吹き替え版の声優に津田健次郎、井上麻里奈、銀河万丈ら

映画「移動都市/モータル・エンジン」の日本語吹き替え版で声優を務める(上段左から)銀河万丈さん、楠大典さん、津田健次郎さん(下段左から)井上麻里奈さん、寺依沙織さん (C)Universal Pictures

 映画「ロード・オブ・ザ・リング」「ホビット」3部作で監督、脚本、製作を担当したピーター・ジャクソンさんが製作する映画「移動都市/モータル・エンジン」(クリスチャン・リバーズ監督、3月1日公開)の日本語吹き替え版に、声優として津田健次郎さん、井上麻里奈さん、銀河万丈さん、楠大典さん、寺依沙織さんが出演することが6日、明らかになった。

 映画は、英作家のフィリップ・リーブさんのファンタジー小説「移動都市」が原作。たった60分で文明を荒廃させた最終戦争後、残された人類は移動型の都市を作り出し、他の小さな都市を駆逐し、捕食しながら生き続けるという新たな道を選択した。捕食した都市の資源を再利用し、人間を奴隷化することで成長を続ける巨大移動都市“ロンドン”を前に、一人の少女が反撃へと動き出す……という展開。日本語吹き替え版では、主人公のへスターの声優を石川由依さんが務めるほか、島崎信長さんらも声優として出演する。

 津田さんは、反移動都市同盟に所属し、へスターらと共に移動都市ロンドンへ進撃していく空賊のコーラ、井上さんは同じく反移動都市同盟に所属する指揮官のサスヤ、銀河さんは移動都市ロンドンのトップに君臨するクローム市長、楠さんはロンドン博物館の研究員のポムロイ博士、寺依さんはヘスターの母パンドラをそれぞれ演じる。

 津田さんら声優陣のコメントは以下の通り。

津田健次郎さんのコメント

 壮大なファンタジー世界に入れたのがうれしかったです。ワクワク、ドキドキにあふれたエンターテインメント作品はいいですね。そして、戦うカッコいい男を演じることも楽しかったです。ぜひ劇場に足を運んでください。楽しんでいただけたなら幸いです。

井上麻里奈さんのコメント

 迫力満点です。既に期待されてらっしゃる方も多いと思います。どんな方でも楽しんでいただけるエンタメ性の高い作品になっています! ぜひ劇場に足を運んでいただけるとうれしいです。実は今回サスヤはセリフ自体は少ないのですが、ミステリアスながらもしっかりと存在感を示しています。毎回スケールの大きい作品ばかりで、一ファンとして参加できたことがとてもうれしいです。原作もこれからさらに盛り上がっていくので、映画もシリーズ化してほしいです!

銀河万丈さんのコメント

 クロームと申します。鉄っぽい名前でしょ? ですから鉄っぽく演じてみました(どういう役作りだ?)。市長からのお願いです。どうぞ皆様、開演前にはオールドテクの最先端コミュニケーターの電源をお切りください。

楠大典さんのコメント

 存在感のある役だと思いました。いつも人に危害を加える役が多いので(笑い)たまにはインテリジェントな役を演じるのも楽しかったです。物語を楽しむなら吹き替え版の方がより楽しめると思うので、ぜひ劇場でご覧ください。

寺依沙織さんのコメント

 巨大移動都市「ロンドン」の超ド迫力は、ぜひ劇場の巨大スクリーンで味わっていただきたいです。クスッとしてしまう遊び心がちりばめられつつも、手に汗握るピーター・ジャクソンの最新作品をご堪能ください。できれば吹き替えで!

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  2. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  3. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  4. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  5. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです