メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

岡崎 武志・評『月まで三キロ』『スーパーカブは、なぜ売れる』ほか

今週の新刊

◆『月まで三キロ』伊与原新・著(新潮社/税別1600円)

 伊与原新は東大大学院で地球惑星科学の博士号を取得した変わり種の作家。理系と文系の幸せな結合を短編集『月まで三キロ』で味わうことができる。

 表題作がまずいい。人生の負けがこんだ50前の男が、富士の樹海で自殺しようとタクシーを拾う。何かを察した苦労人運転手は、天竜川の鉄橋へ運ぶ。そこには「月まで三キロ」と示す標識が……。「月」は地名だが、「乗り越えられない悲しみ」を持つ男2人が、たった3キロ彼方の月を見つめる。

 「アンモナイトの探し方」は、両親の別居と受験に疲れた小6男子が、北海道・富美別(とみべつ)町で化石…

この記事は有料記事です。

残り1519文字(全文1808文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  2. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  3. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故
  4. 官邸・与党「ちぐはぐさ」露呈…補選2敗 安倍政権、影響抑えに躍起
  5. 防衛大いじめ訴訟5日判決 母親が再発防止を訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです