メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

著者インタビュー 辻山良雄『ことばの生まれる景色』

本屋で働く人は、本のことをよく知っている必要があります

◆『ことばの生まれる景色』辻山良雄/文 nakaban/絵(ナナロク社/税別2300円)

 東京・荻窪で本屋とカフェとギャラリーの店「Title」を営む辻山良雄さんは、ツイッターや新聞書評などで新旧のオススメ本を紹介してきた。本書は辻山さんが選んだ本をめぐる40のエッセーと、画家のnakabanさんがその本から受けた印象を描いた絵で構成されている。開店以来、3回にわたって開催された展覧会の作品に、新作を加えている。

「nakabanさんの絵をはじめて見たのは、私が広島の書店リブロに勤めていた頃、蕎麦(そば)屋のシャ…

この記事は有料記事です。

残り1151文字(全文1436文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 指原 NGT運営バッサリ 山口真帆の気持ち「考えるべき」(スポニチ)
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 維新が兵庫で勢力拡大 大阪の勢い取り込み 県内市議選、18人中17人当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです