メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災8年・とうほくの今

旧庁舎解体、大槌町に反対意見16件 町長「危機管理進める」 /岩手

 東日本大震災の津波で建物周辺にいた職員28人が犠牲になった大槌町旧役場庁舎の解体工事について、平野公三町長は5日の定例記者会見で、町内外から16件の反対・慎重意見が町に寄せられたと明らかにした。手紙やメールで1月以降に寄せられ、保存を求めたり「解体を立ち止まって考えるべきだ」と訴えたりする内容だった。

 「見たくない人に寄り添う」として2015年夏の就任以来、一貫して解体工事を推進してきた平野町長は「…

この記事は有料記事です。

残り870文字(全文1072文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高齢秋田犬がお手柄 散歩中におばあちゃん助ける
  2. 男女一緒、あらためて大人の性教育 60代も学んだ最新の避妊法
  3. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  4. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  5. 他人のPCで「無断採掘」無罪 仮想通貨のプログラム設置男性 横浜地裁判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです