メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キズとカタチの総合医

スポーツと顔面骨折=桜井裕之・東京女子医科大学形成外科教授

 骨折の治療は整形外科が担当すると思っておられる方が多いでしょう。

 確かに肩や腕、腰、背骨など運動機能に大きな問題が生じる骨折は、整形外科の専門分野です。

 しかし、カタチの総合医である形成外科が専門とする骨折もあります。その代表が顔の骨の骨折です。顔つきや目つきなど、見た目の問題に配慮しながら治療を進める必要があるからです。

 今年はラグビーのワールドカップ(W杯)、来年は東京五輪が開催されるなど日本のスポーツ界は盛り上がり…

この記事は有料記事です。

残り827文字(全文1040文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 偶然に導かれ「再会」切手から身元判明の平塚真澄さんの遺骨、遺族へ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. 飯豊まりえ ホラー映画「シライサン」で初単独主演 乙一が長編監督デビュー

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです