メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

19年度当初予算案 一般会計9355億円(その1) 復興進み1.9%減 建設事業費が縮小 /岩手

 県は6日、総額9355億200万円の2019年度一般会計当初予算案を発表した。前年度比1・9%減(178億4600万円減)。東日本大震災からの復旧・復興が進み、道路や災害公営住宅の建設に充てる普通建設事業費が縮小したことなどが影響した。震災分を除いた通常分は6660億6100万円で、0・4%減(23億8000万円減)。13日開会の県議会2月定例会に提出する。【藤井朋子】

この記事は有料記事です。

残り1781文字(全文1968文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高齢秋田犬がお手柄 散歩中におばあちゃん助ける
  2. 男女一緒、あらためて大人の性教育 60代も学んだ最新の避妊法
  3. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  4. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  5. 他人のPCで「無断採掘」無罪 仮想通貨のプログラム設置男性 横浜地裁判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです