メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2019毎日現代書北陸代表作家展

閉幕 7部門の書、心ゆくまで 5日間で1046人来場 県立美術館 /福井

最終日のギャラリートークで解説を聞く鑑賞者ら=福井市の県立美術館で、佐々木雅彦撮影

 ’19毎日現代書北陸代表作家展(毎日新聞社・毎日書道会主催)は6日閉幕した。会場の県立美術館(福井市文京3)には会期の5日間で1046人が訪れ、出品書家による連日のギャラリートークに聴き入った。

 6日のギャラリートークは、葛巻瑞法さん(日本墨書会)と谷澤晶華さん(福井奎星会)が担当。谷澤さんは甲骨文字の自作「百歳祝寿康」について「ゆっくりと心を込めて書いた」と語った。

 葛巻さんの自作は七言絶句の漢詩。「暇さえあれば、山へ渓流を見に行く」と紹介し、「今回も渓流を思い浮…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  2. スリランカで6カ所爆発、129人以上が死亡 教会やホテル標的
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 1.3メートル「都内一低い」ガード下 頭上すれすれ電車が通る
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです