メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サワコの朝

中学受験が引きこもりの原因!? 千原ジュニアの知られざる素顔とは?

 トーク番組「サワコの朝」(MBS/TBS系全国ネット、2月9日午前7時半~8時)のゲストは、今年で芸歴30周年を迎える千原ジュニアさん。

     芸人として活躍する一方で、コラムや小説も出版し多彩な才能で活躍し続けている。

     昨年は「ペアレンティングアワード」のパパ部門を受賞するなど、注目を集めるジュニアさん。最近の家庭でのエピソードも披露してくれた。奥様は「あの人」に似ているということでサワコも興味津々。どんな話が飛び出すのか、乞うご期待。

     そんなジュニアさんは、自身の幼少期を「ちょっとゆがんでました」と振り返る。小学6年生の時の“あること”がきっかけで、地元で有名な私立中学を受験することを決意。当時、母親もびっくりしたという一大決意だったようだが、見事合格。ところが、その後目標を見失い14歳で引きこもりになったという。その当時、支えだった祖母とのエピソードや、その時自分が考えていたこと、そしてそこから一転、兄・せいじさんと共にお笑いの世界へ入ったきっかけを話してもらった。

    「記憶の中で今もきらめく1曲」は、ザ・ブロードサイド・フォーの「若者たち」。初めて新ネタを卸す舞台に向かう時など、大事な場面で聞いているこの曲への思い入れをうかがった。

     22歳の時に大阪から上京したジュニアさんは、東京で“これから”というときにバイク事故で大ケガ。生死をさまよい入院していた時に、芸人仲間や先輩たちからの「愛あふれる見舞い」のエピソードをはじめ、兄への想い、お笑いに対する気持ちなどを語ってくれた。サワコも泣き、笑ったトークを是非お楽しみに。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
    2. ORICON NEWS 嵐・櫻井翔、4・30『news zero』拡大版で有働由美子と改元の瞬間を生中継
    3. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
    4. 年金運用 損失14兆円 世界株安、過去最大に 昨年10~12月
    5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです