メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リュウグウノツカイ 保育園児ら大きさにびっくり 新潟・上越

大きなリュウグウノツカイに目を見張る保育園児ら=新潟県上越市で19年2月7日、浅見茂晴撮影

 新潟県上越市立水族博物館「うみがたり」で、貴重な深海魚、リュウグウノツカイが展示されている。市内の海岸に漂着したもので、全長4.95メートル、体重45キロ。7日には来館した保育園児らが、その大きさにびっくりしていた。

 同館によると、同市虫生岩戸の海岸で近くの住民が5日夕、漂着したリュウグウノツカイを発見、6日に同館に連絡してきた。すでに死んでいたが、比較的状態が良く、展示に耐えられると判断。1階のタッチングプールで公開している。個体の状態を見ながら展示期間を判断する。

 リュウグウノツカイは全長3メートルほどのものが多く、13メートルの個体が確認されたこともあるという。生態は不明な点が多い。

 世界の海の水深200~1000メートルに生息しているが、富山湾周辺ではこの時期、海岸に打ち上がったり、定置網にかかったりすることがあるという。最近では2013年1月、直江津港で釣り人が約3メートルのリュウグウノツカイを釣り上げ、同館に持ち込んだ。標本にして、現在でも保管している。今回のリュウグウノツカイは標本には適さず、研究材料になるという。【浅見茂晴】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 田中圭がCMで肉体美を披露 人魚の姉妹たちもうっとり
  2. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁
  3. 墜落 空自戦闘機、山口沖に 乗員2人救助 築城基地所属
  4. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁
  5. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです