メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『こころ傷んでたえがたき日に』 著者・上原隆さん

上原隆さん

 ◆上原隆(うえはら・たかし)さん

 (幻冬舎・1728円)

しんどさ抱え生きる姿に共鳴

 印象深い書名は、石川啄木の歌集『一握の砂』から採った。赤貧のうちに短い生涯を閉じた歌人は晩年、『時代閉塞(へいそく)の現状』を憂えて、理想実現に向けた「明日の考察」を訴えた。それから109年。現代にも同様の空気が漂ってはいないか。

 <友がみなわれよりえらく見ゆる日よ花を買ひ来て妻としたしむ>

この記事は有料記事です。

残り755文字(全文944文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  3. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 廃車「プリウス」の部品活用 秋田のベンチャーが小型発電機販売へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです