メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

ファースト・マン 月着陸成功への道のり、命がけの危険リアルに

 いまから半世紀前の1969年、宇宙船アポロ11号の船長ニール・アームストロングは、月面に足を踏み降ろし、一人の人間にとっては小さな一歩だが人類にとって偉大な飛躍だと述べました。人類初めての月世界旅行です。

 でも、宇宙旅行を描いた映画にはひねった筋が多い。「アポロ13号」は月に着く前に事故に遭遇しましたし、私が大好きな「カプリコン・1」なんて、火星に行くはずだったけど、実は宇宙飛行士たちは着陸したかのような映像を流しただけだった。ベトナム戦争の時代にふさわしい陰謀史観ですね。

 この「ファースト・マン」は、しかし、そんなひねくれたことはしません。あくまで正攻法で、第1回の月着…

この記事は有料記事です。

残り1323文字(全文1613文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  3. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです