メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュア

全日本女王・坂本、重圧に負け「4位」 前夜熟睡できずSP2位から失速(スポニチ)

【4大陸選手権女子フリー】まさかの4位にキス&クライで涙を流す坂本花織=スポニチ提供

四大陸選手権女子フリー(2月8日 米カリフォルニア州アナハイム) 

 フィギュアスケートの四大陸選手権女子フリーが8日に米カリフォルニア州アナハイムで行われ、ショートプログラム(SP)2位の坂本花織(18=シスメックス)は、合計206.79点で4位に沈んだ。痛恨はダブルアクセル(2回転半)からの3連続ジャンプが単発の1回転半となり1・21点しか稼げなかったこと。フリー曲「ピアノ・レッスン」が終わると右手で顔を覆った。史上初の連覇どころか、表彰台までも逃した。最終滑走の悪夢。昨年12月の全日本選手権女王が涙に暮れた。

     「いつもなら自分に集中できるけど、今日は何点以上なら勝てると考えてしまって、集中できなかった」

     前日から負の連鎖が続いていた。「昨日の夜の過ごし方が悪かったのかな。早く寝れば良かったのに、計画通りに過ごせなかった。疲れが残った原因だと思います。1時間ごとに目が覚めて熟睡できなかった」。昼の公式練習でもミスを連発。中野園子コーチ(66)から、カツを入れられるほど乱れていた。首位テネルとは0.55点の僅差。わずかだったからこそ、逆に平常心でいられなかった。中野コーチは「テネルちゃんを意識して勝ちにいったと思う」と教え子の胸の内を推測した。3人前の紀平が高得点の影響もあった。「ノーミスができるかなって、頭によぎった」。持ち前の勢いの良さに陰りが出た。

     「いつもと気持ちが違った。やるべきことをやるべきだった」

     勝負の怖さを知った。3月の世界選手権で悔しさを晴らす。(スポニチ)

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 高齢秋田犬がお手柄 散歩中におばあちゃん助ける
    2. 男女一緒、あらためて大人の性教育 60代も学んだ最新の避妊法
    3. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
    4. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
    5. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです