メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

希望新聞

東日本大震災 春よ来い! 楢葉・蛭田牧場の夢’19/中 「ゼロの証明」もどかしく

2016年5月21日、だだっ広い牛舎のすみに身を寄せあう牛たちの世話をする蛭田博章=福島県楢葉町の蛭田牧場で

 「ああ、このにおい。めちゃくちゃくさいんだけど、なつかしくて、心地いい~」

 2016年5月21日、福島県楢葉町はその年最も暖かい日よりとなった。「蛭田牧場」を経営する蛭田博章は、牛舎の片隅にいるホルスタインの雌6頭を見ながら、猛烈なにおいを胸いっぱいに吸い込み、鼻をひくひくさせた。震災前は132頭がいた牛舎だから、走り回れるほど広いが、6頭は「ここが落ち着く」と言わんばかりにすみっこで体を寄せ合っていた。

 この日は、最初の放射性物質検査を行うための牛乳が回収された翌日だった。これから半年かけて検査した後…

この記事は有料記事です。

残り1616文字(全文1871文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  3. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 廃車「プリウス」の部品活用 秋田のベンチャーが小型発電機販売へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです