メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昨年12月に開かれた「わろてまえ劇場2018」=大阪市中央区の大阪国際がんセンターで

 「笑い」が、がん患者の免疫に与える影響を調べる研究が大阪国際がんセンター(大阪市)で進んでいる。笑って気持ちが明るくなることで、免疫力を高める物質を分泌する能力が向上したという。どんな研究なのか、現場を訪ねた。

 ●患者が研究に協力

 「うちの父親は面白い父親でしたなあ」。落語家の桂文珍さんが「粗忽(そこつ)長屋」のまくらで、総入れ歯なのに「虫歯が痛い」と訴える父親のエピソードを紹介し、「『どこ?』。総入れ歯を外して『ここ』という」。軽妙な話芸に客席は笑いに包まれた。

 昨年12月、大阪国際がんセンターで開かれた「わろてまえ劇場2018」。がん患者に落語や漫才を楽しん…

この記事は有料記事です。

残り1594文字(全文1879文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  3. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 廃車「プリウス」の部品活用 秋田のベンチャーが小型発電機販売へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです