メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

外国人介護士、地方が育てる 北海道の自治体、留学生に奨学金250万円

介護福祉施設で実習する台湾出身の留学生、陳宛瑄さん(左)=北海道旭川市で

 北海道内の自治体などが、介護福祉士を目指す外国人留学生に、年間250万円の奨学金を支給する制度を今春から始める。賃金格差などから外国人介護福祉士は都市圏に偏りがちで、高額の奨学金をもって留学生を招き、深刻な人手不足の地方に定着を目指す珍しい取り組みだ。

 「ゆっくり食べてくださいね」。北海道旭川市内の介護福祉施設。台湾出身の留学生、陳宛〓さん(28)が、はっきりした発音で入居者の90代男性に話しかける。スプーンで細かく切り刻んだ大根サラダを口に運ぶと、男性は「おいしい」とほほ笑んだ。

 陳さんは台湾で4年間福祉の仕事をした後、最新の介護を学ぼうと2017年に来日。1年間、北海道東川町…

この記事は有料記事です。

残り765文字(全文1059文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  3. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  4. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」
  5. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです