メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スピードスケート

世界距離別選手権 一戸4位 男子1500

 【インツェル(ドイツ)共同】スピードスケートの世界距離別選手権最終日は10日、ドイツのインツェルで行われ、男子1500メートルで一戸誠太郎(ANA)が1分43秒54の好記録で4位と健闘した。トマス・クロル(オランダ)が1分42秒58で優勝し、山田将矢(日大)は10位、小田卓朗(開発計画研究所)は12位。

 マススタートは女子の佐藤綾乃(高崎健康福祉大)、男子の一戸がともに5位となった。平昌冬季五輪女王の…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  3. 「消費税を上げられるのか」国民の玉木代表 首相は増税方針、重ねて示す
  4. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  5. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです