メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

三浦 天紗子・評『老いと記憶』増本康平・著

衰えゆく記憶によって得られるものもある

◆『老いと記憶』増本康平・著(中公新書/税別780円)

 加齢による脳の器質的な変化には逆らえないと知りつつも、私たちは物忘れしないことにこだわり、記憶力が衰えることを極度に恐れる。本書はそんな心理に向き合い、そもそも記憶とは何のためにあるのか、どんな記憶を大切にしていけばいいのかなど、これまであまり問われることのなかった方向から記憶や記憶力の意味を問い直す。

 本書では、記憶をめぐる実験や研究の成果が多く取り上げられている。たとえば、高齢者の記憶愁訴でよく挙…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  4. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです