メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ゴーン前会長の保釈認める 東京地裁 保証金5億円
SUNDAY LIBRARY

本郷 和人・評『江戸暮らしの内側』森田健司・著

明日への希望によって庶民の社会が成立した

◆『江戸暮らしの内側 快適で平和に生きる知恵』森田健司・著(中公新書ラクレ/税別820円)

 人間は時間軸にそって暮らしやすさを獲得していくのだと、ぼくは考えている。古代はロマンだと過大評価する人がいるがそれは誤りだ。大まかに見れば、すべてに未熟な古代より人の息吹が感じられるようになる中世、争いの中世より平和な近世、世襲ばかりで息の詰まる近世より自由で平等な近現代がすぐれている。もちろん太平洋戦争では300万人あまりの未曽有の犠牲者が出ているではないかという指摘はあるだろうが、それを含めて、人は昨日の過ちを反省しながら賢くなるのだと思う。

 そうした視点をもつぼくは、森田さんの考え方にふれ、まさにその通り、と思わず膝を叩(たた)いた。江戸…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 偶然に導かれ「再会」切手から身元判明の平塚真澄さんの遺骨、遺族へ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 新潟県知事、NGT起用を「保留」9月の国民文化祭契約

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです