メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギアスケート

紀平 エキシビションで日本語の紹介、特別“おもてなし”に笑顔(スポニチ)

風格さえ漂わせた紀平梨花=スポニチ提供

フィギアスケート 四大陸選手権最終日(2019年2月10日 米カリフォルニア州アナハイム)

 女子優勝の紀平がエキシビションで特別な“おもてなし”を受けた。

     米国選手のショーン・ラビットに「次の選手は、チャンピオン、キヒラリカさんです」と日本語で紹介され、場内が盛り上がった。エレクトロ音楽「フェイデッド」のメロディーに乗り、3度のジャンプを全て着氷させた。「左手薬指の亜脱臼」の故障を乗り越えてのV。大きなインパクトを残した。(スポニチ)

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
    2. 大阪市長選告示 新人2人届け出 「大阪都構想」の是非問う
    3. フィギュアスケート 世界選手権 羽生、情感と執念の2位 鬼門のループ成功
    4. 習志野が好走塁 1点を追加しリード広げる
    5. 投の横浜と強打の明豊が対決 センバツ第2日の見どころ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです