メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

長友 主審に暴言?判定不服で“Fワード”と複数メディア(スポニチ)

トルコ1部 ガラタサライ3-1トラブゾンスポル(2019年2月10日)

 ガラタサライの日本代表DF長友は10日のトラブゾンスポル戦にフル出場し、3-1の勝利に貢献した。1-1の前半44分には左サイドで味方にパスをつなぎ、決勝弾をアシストした。

     2試合ぶりの勝ち点3を呼ぶ活躍を見せた32歳だが、複数の地元メディアは試合中に長友が主審に対して暴言を放ったと報じている。トルコメディア「Spor X」によると、前半42分、判定に不満を持った長友が主審に対し、2度にわたって、下品で相手をののしる際に使われる“Fワード”を言い放ったという。トルコ1部では8日に行われたフェネルバフチェ-カイセリスポル戦でフェネルバフチェのFWソルダードが主審に暴言を吐いたとしてレッドカードを提示され、退場処分を受けている。(スポニチ)

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
    2. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
    3. 女子高生とのわいせつ動画 ネット公開容疑で男逮捕 4000万円収入か
    4. SNSで自分の裸の画像や動画販売容疑 15~17歳の少女3人を書類送検 福岡県警
    5. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです