メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

質問主意書 野党の武器、威力低下 「ゼロ回答」頻発/提出増加も影響

 連日論戦が続く通常国会。委員会での野党の追及と閣僚の答弁に注目が集まるが、そうした場以外にも、国会議員が政府の見解を問う制度がある。その一つが野党側の武器と言われる「質問主意書」だ。提出件数は増えたものの、安倍内閣は「ゼロ回答」が目立ち、威力を十分に発揮できていない。一方、主意書の「質」の低下もささやかれている。【飯田憲】

 「制度が骨抜きになりかねない」。質問主意書を長年活用してきた立憲民主党代表代行の長妻昭衆院議員は、…

この記事は有料記事です。

残り1102文字(全文1315文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  2. 維新 大阪府内で首長を着々と増やす
  3. ’19統一地方選 市議選の開票結果(その1)
  4. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  5. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです