メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’19春闘

労使、交渉本格化 自動車皮切り、1カ月攻防

 自動車大手の労働組合は13日、経営側に春闘の要求書を提出し、2019年の労使交渉がスタートした。米中貿易摩擦などの影響で世界経済に不透明感が広がっており、賃金面では労組に逆風となる厳しい交渉が予想される。大手企業の回答は3月13日に集中する予定で、1カ月にわたり労使の攻防が続く。

 トヨタ自動車労働組合がベースアップ(ベア)に当たる賃金改善分の具体的な水準を示さない一方、日産自動車やホンダなどの各労組は前回18年と同額の月額3000円を要求。ベアを巡る対応が割れる中、相場形成をけん引してきた自動車大手の交渉の行方…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大迫のツイッター批判受け、陸連が規定変更を検討 日本選手権後
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 現場から逃げた男、熊本県内で身柄確保 鹿児島の中学生襲った容疑者か
  4. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  5. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです