メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー・最前線

カプコン 辻本憲三会長兼CEO eスポーツに注力 「バイオハザード」好調

カプコンの辻本憲三会長兼CEO=大阪市中央区のカプコン本社で、菅知美撮影

 カプコンは1月、人気アクションゲーム「バイオハザード」の新作を発売した。家庭用ゲーム機版だけでなく、パソコン版を同時に売り出す。昨年、両版を販売した「モンスターハンター:ワールド」が、同社では単一タイトルとして初めて販売数1000万本を突破、好業績につながった。同社はゲーム対戦競技「eスポーツ」にも力を入れる。辻本憲三会長兼CEO(最高経営責任者)に、同社の将来戦略を聞いた。【聞き手・中西満、写真・菅知美】

 --1月25日、1998年1月発売の「バイオハザード2」を再構築した最新作「バイオハザード RE:…

この記事は有料記事です。

残り1372文字(全文1628文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 投の横浜と強打の明豊が対決 センバツ第2日の見どころ
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. 囲碁・将棋スペシャル 将棋 C級1組 泉八段 順位戦最後の将棋 「これからは見る側に」
  4. 習志野が10年ぶり初戦突破 一回に猛攻 日章学園降す
  5. 明豊が三回一気に逆転 横浜・及川は5点を奪われ降板

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです