メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

中日・松坂、診断は「右肩炎症」当面ノースロー 与田監督も慎重(スポニチ)

 中日は松坂大輔投手(38)が12日、沖縄県内の病院で検査を受け、右肩の炎症が見つかったと発表した。松坂は今キャンプの第1クールの間にファンに右腕を引かれ、右肩の違和感を訴えていた。午後から球場を訪れた松坂は、与田監督と会談。「球団からリリースがあると思います」とし、患部については明かさなかった。

     当面はノースロー調整が続く予定で、指揮官は復帰のめどについて「診断とアスリートの感覚は違う。安易に私が言えない」と慎重な姿勢。1、2軍のどちらで調整するか、あるいは第三者の意見を求め、他の病院で検査を受けるかなど今後については「回復に向けて一番良い方法が決まれば、お伝えする。次の解決策が1分でも1日でも早く出ると松坂も安心できる」とした。(スポニチ)

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 天然記念物のジュゴン1頭の死骸発見 沖縄
    2. 盛岡の40代同性カップルがフォトウエディング 企画の団体「地方まだ理解進んでいない」
    3. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
    4. 「どう接したら…」 職員に戸惑いも 暴言の明石市長3選
    5. 奈良の6人死亡バイク事故 死亡した少年1人を書類送検へ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです