メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

井上荒野さん 破格なる人の人間模様 『あちらにいる鬼』で挑む父の不倫

作家の井上荒野さん=東京都調布市で2019年1月28日、根岸基弘撮影

 「作者の父井上光晴と、私の不倫が始まった時、作者は五歳だった」という言葉を単行本の帯に贈ったのは瀬戸内寂聴さん。その帯が付いているのは作家、井上荒野さんの新作『あちらにいる鬼』(朝日新聞出版)である。荒野さんは作家、井上光晴(1926~92年)の長女。光晴と瀬戸内さんの仲は文壇の公然の秘密だった。新作は光晴とその妻、そして瀬戸内さんをモデルにした小説。それぞれの心情に率直に切り込み、彼らの声が聞こえてくるようだ。

 4年前、編集者に執筆を提案されたが一度断ったという。「スキャンダルにするのは嫌だし、母が亡くなった…

この記事は有料記事です。

残り1306文字(全文1565文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  2. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  3. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです