メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

片岡孝太郎 色っぽい場面、はっきりと 3月の東京・歌舞伎座で「女鳴神」

片岡孝太郎=松竹提供

 名作のヒーローを女性に書き換え、女形が主役として活躍する遊び心に富んだ演目が歌舞伎にはある。その代表格のひとつ「女鳴神(おんななるかみ)」が、3月の東京・歌舞伎座に登場する。強くて色気のあるヒロイン、鳴神尼(なるかみに)を演じるのは片岡孝太郎。

 もととなっているのは歌舞伎十八番の「鳴神」。龍神を封じ込め、都を日照りに追い込んだ鳴神上人が美女の絶間姫(たえまのひめ)にたぶらかされ、龍神が飛び出すという筋立てだ。

 「女鳴神」では女性の鳴神尼が美男の絶間之助の色香に迷う。1992年に澤村藤十郎が演じて以来、久々の…

この記事は有料記事です。

残り946文字(全文1203文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  3. 梅原猛さん死去 京都「お別れの会」 ユーモラスに厳かに 豪快逸話続々、惜別の歌も /京都
  4. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  5. 工藤会トップに6448万円賠償命令 一般人襲撃で福岡地裁判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです